12 November

アマチュア無線開局


 二人で山歩いてるとどうしても見えなくなる位離れてしまったりして
なかなか追いついて来ないと何かあったんかと心配になったり・・
かと言って自分のペースを守らないとバテてしまうので
ピッタリ一緒に歩くのは辛いもんです、

相棒が離れた場合の連絡方法にまずは指笛を練習しました
人差し指と親指でゼニやで〜の形を作って口にくわえること丸三日・・
指はふやけ唇は腫れるわで大変 ( ̄。 ̄;)
でもまぁ習得すればそれなりに便利なもんです、

次はトランシーバー持って行こうと秋葉原で下見してるうち・・
どうせやったら免許取ってアマチュア無線にしよかなと連れに相談
そしたら連れは免許取るつもりで既に教科書まで買ってました・・・
言えよなぁ〜 ( ̄ω ̄;)

null

 でもまぁ話は即決
免許取って無線機買って開局申請して・・
ちょっと時間かかりましたが めでたく開局です d(⌒o⌒)b

これでパートナーとの会話はもちろん非常時の連絡にも使えます

でも実際の運用となるとこれがなかなか手強い・・・
免許持ってるだけではお手上げ状態
次の山行まで時間有るけど
こりゃ〜必死に勉強せなアカンわ・・・

当然まだ一言も声発してません ( ̄、 ̄;)ゞ






22:36:48 | machgreen | |

13 October

G'zOne


 御嶽山に行く前に携帯電話の調子が悪いので買い替えました、
アウトドアなら防水かなとW62CA G'zOneです
なんかカッチリ作ってある感じが良いです

null

今度の携帯は圏外でもGPSが使えるようになりました
ハンディのGPSはなかなか高くて手が出ないので携帯で代用です
最近色々な機能が増えて活躍する携帯
電話もできますって感じやね ( ̄ヘ ̄;)

山と写真ガイドと言うサイトに入会
予めガイド地図をダウンロードしとけば自分の位置が地図上に表されます、
木曽福島へ向かう電車に乗りながら御嶽山の地図をダウンロード

山と写真ガイドの売り文句・・もうあなたは迷いません。
御嶽山の何処で迷うねん?という事は兎も角 ( ̄-  ̄ )

目的地までの距離が分かったりしてなかなか便利なのかも・・
もう長く国土地理院の地形図は使わずに昭文社のガイド地図だけで山行ってるし
眉間に皺寄せて地図と睨めっこ・・なんてGPSで無くなるんやろね〜

で やっぱそのうちハンディのGPS買ってしまうんやろな・・・( ̄  ̄;)


00:31:03 | machgreen | |

23 September

御嶽山


 久しぶりに貰った連休に一人で御嶽山へ登ってきました、

殆んど下調べもせず木曽福島の駅降りてみたら・・・
もう田の原へのバスは8月までで終わってました
ま、考えてもしゃ〜ないし高くつくけどタクシーや!
と1コケ ( ̄へ ̄|||)

初日は曇りでもまずまず順調
途中で下山して来た行者さんにも出会えました

ところが二日目の日曜は天気大荒れ
夜には風も強まり嵐です
星空見ながら酒飲む予定が
と2コケ ( ̄ω ̄;)

ですから写真もこんな調子で

null

三日目に立ち寄った
この三ノ池の水はいつまでも腐らない御神水なのだそうで
そのまま池の水が飲めるのには驚きです

さて下山して温泉でも浸かって帰ろうと
中の湯まで下りてみると・・・休業してました
と3コケ ( ̄ヘ ̄;)

あ、下りで尻もちついたし4コケか ┐( ̄ヘ ̄)┌










20:24:31 | machgreen | |

20 August

鹿島槍ヶ岳

 今年のお盆は八方から五竜岳、鹿島槍ヶ岳、爺ヶ岳の縦走でした、



 五竜岳山頂(2814m)から見た鹿島槍ヶ岳(北峰2842m、南峰2889m)です。

 夏にテント使用での縦走は水の入手が問題で
山小屋で溜めた雨水を売って貰ったりするのです、

鹿島槍ヶ岳北峰と南峰の間
吊り尾根の横に有る雪渓は平で大きな雪田になってます、
雪を掘ってコンロで溶かして水作ったり
かき氷食べ放題やぁ〜 などと大喜びで食ってました
こらホンマ最高の贅沢ですが・・・


 下山の日は5日間歩き続けて足はボロボロ
痛みでボチボチしか下りられません
でも腹の方は特急で下山してました。。。(--;)



01:50:41 | machgreen | |

14 May

ツェルト山行


 私は山で飯食って酒飲んで寝るのが大好きなので
日帰りの山登りは滅多に行きません、
でもテントを担いで行くとなるとちょっと大変
休みもあまり無い仕事ですから
なかなか登りに行けないのです・・



 連休でなくてももっと山行ける機会を増やそうと
ツェルトを手に入れました、
ツェルトとは非常時にロープで張ったり
それが無理なら被るだけで使うフレームやフライシートの無い
テントみたいなもんです。

非常時にビバークする為だけのシェルターならもっと小さくて
色も目立つイエローやオレンジなのですが
これはどちらかというと積極的にビバークする様に作られています。


早速これ持って山行ってきました
やっぱり泊まりで行かなオモロないわ
一晩やけど焼酎一本空けてしもた〜




20:16:04 | machgreen | |